123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-07-22 (Wed)
入院2日目といえば手術当日。

手術が14時からの予定のためかなり退屈。朝からお腹が空いてもご飯抜きなのでかなり苦痛でした(汗)

水分が摂れないためうがいをして気分転換。脱水症状にならないようにと常時点滴しますね、とか言ってたはずなのに、看護師さんがなかなか来てくれません。

10時頃ようやく点滴スタート。1回目は針がなかなか入らなく何度もグリグリ。いや、痛いですって(泣)「ごめんなさいね~違うところでやってみますね」で、2回目はすんなり入ったらしく看護師さんもホッとした様子。

血管が細いので申し訳ないって感じです。

12時頃母が病室に。
手術の日は母と叔母(母の妹)が来ることになっていたので、母より1時間ほど遅れて叔母も到着。術後、主治医から説明があるらしいですが母1人では心配らしく叔母が付き添ってくれるらしいです。それだけ頼りないってことでしょうかね。

14時前に手術室へ移動。
やっぱり歩いて行くらしいです。母と叔母に「がんばってね」と言われたけど私は寝てるだけ…目が覚めたときには終わってるんですよね(笑)

手術室へ着くと担当看護師が挨拶に来て早速準備に取りかかります。ベッドに横になると血栓予防の機械と心電図の取り付け。なんか一応説明されてるけどお好きにどうぞ、って感じでした。麻酔科担当医がやってきてアレルギーの確認をしていよいよ麻酔注入。点滴からいれるらしく針が入っている腕がチクチクと痛みます。


「麗さーん、麗さーん、終わりましたよ~」


え?何が?
あれ?私何してたんだっけ?
さっき麻酔かけてたんだっけ?

一瞬にしていろいろ考えたけど、その後左上半身に痛みを確認。
あぁ、手術終わったんだ…となんとなく理解しました。

最初に出た言葉は「今何時ですか?」でした。
どうして時間が気になったのかわからないけど…時間はすでに18時。前日に乳房切除術をした人はもっと早く病室に帰ってきてたよね。もしかしてリンパに転移してたのかなぁ…なんて。

手術室隣にある回復室で痛いと訴えては痛み止めを打ってもらい何度か夢の中へ。意識がもうろうとしている中病棟の看護師が迎えにきました。

病室に戻ると母が「がんばったね」と声をかけてくれたので「うんうん」と頷いてみたり。しばらくすると手術が終わったばかりとは思えないくらい意識がハッキリ。すぐに自分の症状が気になって母に聞く始末です。

切除した腫瘍は握り拳ほどの大きさでリンパに転移していたらしいです。あぁ、やっぱりね。なんとなくわかっていたのでそんなにショックもなく…

そんなことより、痛みがひどくなってきたので早く寝てしまいたい思いが強かったですかね。眠ってしまえば痛みもないし起きた頃には楽になってるかも、とか思っていましたし。

でも結局2時間毎に看護師さんが巡回に来るから結局眠れませんでしたけどね(苦笑)



ランキングサイト参加中です。応援お願いします。
 にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
| 手術のこと | COM(0) | TB(0) |
コメント















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。